受診される患者様へ

受診される患者様へ

INFORMATION
外来案内 MRI検査・超音波(エコー)検査について
受診時にご確認いただきたいこと
  • ◇ 初診時は健康保険証をご持参ください。
  • ◇ かかりつけの医療機関がある場合、お薬手帳、紹介状などをご持参いただくと、より適確な診療が行えます。
  • ◇ 治療中の病気や持病がある場合、投薬を受けている場合などは、必ずお知らせください。
  • ◇ 妊娠中もしくはその可能性のある方は、必ずお知らせください。
診療申込書ダウンロード
リラ整形外科クリニックへの初診時、受診される皆さまに問診票へのご記入をお願いしています。この問診票は、リラ整形外科クリニックへの「診療申込書」を兼ねています。左記ボタンから、この「診療申込書」をダウンロードしていただくことができます。来院される前にダウンロード、プリントしていただき、必要事項をご記入のうえご持参いただくと大変便利です。ぜひご活用ください。
MRI検査
MRI検査は磁石を使用して検査を行います。
このMRI検査を受診していただく際、
絶対にお守りいただきたいことなど、注意事項をまとめました。
MRI検査を受診される方は、ぜひご一読ください。
MRIについて
MRI検査を受けるに当たって事前の注意事項
MRI検査は磁石を使用して検査を行います。
次のような方は検査ができない場合もありますので、必ず事前にお知らせ下さい。
  • ◇ 心臓ペースメーカー、避妊器具を体内に入れている方。
  • ◇ 外傷や手術で人工関節や脳動脈クリップなどの金属が体内にある方。
  • ◇ 妊娠中もしくはその可能性のある方。
  • ◇ 閉所恐怖症など狭い場所が苦手な方。
検査前の準備

次のような貴金属類は故障したり、検査の妨げになりますので、事前に取り外して下さい。

  • ◇ 貴金属:時計、指輪、ネックレス、イヤリング、ヘアピンなど。
  • ◇ 磁気カード:キャッシュカード、テレホンカード、定期券など。
  • ◇ その他:眼鏡、補聴器、カイロ、エレキバン、入れ歯、鍵、金属のついた下着(ブラジャー、スリップ)。
  • *化粧品(マスカラなど)の中には、金属を含んでいるものがあるため、化粧を落としていただくことがあります。
検査開始、検査中のお願い
  • ◇検査台に仰向けに寝て、体の力を抜いてリラックスして下さい。
  • ◇検査時間は、目的の部位によって異なりますが約30分くらいです。
  • ◇検査中は痛みを伴いませんので、動かないで下さい。
  • ◇検査中は検査担当者とマイクを通して、いつでも会話ができますので安心して下さい。
  • ◇検査中、MRI装置から連続的にトントントンという音がしますが心配いりません。
検査終了後は
  • ◇ 普段通りの生活をおくって下さい。
  • ◇ 検査結果は主治医がご説明いたします。
ご不明の点がありましたら、検査前にお申し出ください。
MRI室入室の方へ
MRI室入室の方へ

MR室内は強い磁場になっています。安全のため次のことをお守りください。

入室禁止
医師の許可なく入室禁止
持込禁止
金属製装身具

ヘアピン・安全ピン・指輪・イヤリング

鉄製小物

ハサミ・筆記用具・鍵・クリップ・ライタ

鉄製移送用機器・鉄製補助用具

車椅子・松葉杖・ストレッチャ・点滴用スタンド・注射針・血圧計・聴診器・補聴器

鉄製容器

消化器・ガスボンベ・デュア

精密機器・電子機器※

時計・カメラ・ポケットベル・計算機

磁気記録媒体※

磁気カード・フロッピーディスク・テレホンカード

鉄製工具・鉄製掃除用具

ドライバ・スパナ・ハンマ・掃除機・モップ

鉄製運搬機器

台車・ワゴン・ハンドリフト

超音波(エコー)検査

エコー検査は被曝もなく、痛みも伴わない検査です。レントゲンの検査では骨の状態が良くわかりますが、エコー検査では、腱・靭帯・筋肉などの軟部組織の損傷部位や程度を把握することができます。
動きによる変化や炎症の程度もみることができるため、治療の経過の中で改善状況を把握することも可能です。
当院では現在4名で日々研鑽を重ね、患者さんにわかりやすい説明を心がけ、随時検査を行っております。お気軽にご相談ください。