スタッフコラム

スタッフコラム

Staff column
2021.04.21
骨粗鬆症で知っておきたい3本柱

 

みなさんこんにちは。リハビリテーション科の佐藤です。

 

みなさん、骨粗鬆症という単語は、一度耳にしたことがあるのではないでしょうか?

骨粗鬆症とは、「骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気のこと」です。

 

骨は少しずつ溶かされる(骨吸収)と新しい骨を作る(骨形成)が常に行われています。

このバランスが崩れることで、新しい骨を作るよりも、骨を溶かす力が上回ってしまい、骨がスカスカになってしまいます。

 

Pasted Graphic.png

 

ですが、骨粗鬆症だからと言って、基本的には痛みがあるわけではありません。

自分が骨粗鬆症だということに、気づかないケースも結構あります。

 

そこで今回はみなさんに少しでも骨粗鬆症を知って頂きたいと思い、下記に骨粗鬆症に大事なことを記した資料を掲載しましたので、一度チェックしてみてください!!

 

 

この3本の柱である「運動」「食事」「お薬」をお医者さんと相談しながら、生活にうまく取り込んでいくことが、骨粗鬆症の予防や改善につながっていきます。