スタッフコラム

スタッフコラム

Staff column
2020.03.25
肩関節周囲炎

1.どのような障害か(病態・原因、症状)
肩関節周囲炎とは
中年以降、特に50代に多く見られ、その病態は多彩です。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩と呼ばれます)。
日本では五十肩と同義語的に解釈されています。

図1:右肩関節の肩峰下滑液包(ビジブル・ボディ提供による画像)

症状:
肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります。
肩関節の動きが制限されて、髪を洗う、服を着替えることが困難になることがあります。(運動痛)
疼痛が強くなると、夜間の寝返りや姿勢によってズキズキ痛み不眠になることもあります。(夜間痛)

肩関節周囲炎の病期は
炎症期(痛みがとても強い時期)
拘縮期(肩まわりの動きが硬くなる時期)
回復期(症状が回復してくる時期)
に分類され、症状もそれぞれの時期で異なります。
時期を見極めることで治療を効率的に進めて、疼痛を最小限にとどめる事ができます。

2.診断、治療
画像診断:X線画像、MRIなど
治療:
自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、癒着しえ動かなくなることもあります。急性期には三角巾、ポジショニング指導などで安静をはかり、消炎鎮痛薬の内服、注射なども有効です。急性期をすぎたら温熱療法や運動療法などのリハビリテーションを行います。これらの方法で改善しない場合は手術(関節鏡など)を勧められることもあります。

3.リハビリテーションプログラム
肩関節周囲炎では、病期にあった個別のリハビリプログラムを実施することが大切です。

炎症期
痛みが強い時期です。療法士の管理のもと痛みに配慮しながら肩甲骨や背骨の動きを広げる運動、ストレッチなどを行ってゆきます。(自宅で行える運動も指導します。)
また睡眠時のポジョショニングの指導なども行います。

拘縮期:
強い痛みが和らいだのち、関節の動きが悪くなる時期です。療法士が痛みをコントロールしながら少しずつ肩関節の動きを広げていきます。

回復期:
運動時の痛みや可動域の制限が次第に改善してくる時期です。
積極的に肩関節の動きの拡大を目指します。

 

【最後に】
患者様によって、機能障害(関節の動きが悪くなっている、筋力が発揮できないなど)を起こしている部位は様々であり、個人差があります。
このページで紹介しているリハビリテーションプログラムのみでは症状が改善しない場合があります。症状が改善せずにお困りの方は是非ご受診していただき、リハビリテーションを受けていただくことをお勧めいたします。
当院のリハビリテーションでは患者様一人一人をセラピストが丁寧に評価をして患者様にあった治療プログラムを作成いたします。

 

文責:リハビリテーション科 秋山 亨

引用:日本整形外科学会 パンフレット
林典雄,他:肩関節拘縮の評価と運動療法,運動と医学の出版社,2013.